薬を飲む男性

トリコモナス症と呼ばれる性病が存在することを知っている人もいると思いますが、その症状についてまでは詳しく知らないという人も少なくありません。ですが、詳しい内容を知っておかなければ予防することができなかったり、感染したことに気づくことができず治療が遅れてしまったりする可能性が高いので、正しい知識を身につけることが大切だと言えます。トリコモナスはトリコモナス原虫によって発症する病気であり、膣トリコモナスになる女性は少なくないということを知っておきましょう。この病気になると黄緑色のおりものが見られるようになったり、陰部から悪臭を発することもあったりすることも覚えておくと良いです。

トリコモナスの感染源は多様ですが、そのひとつには性行為によるものが挙げられます。コンドームを使用せずにセックスやアナルセックス、オーラルセックスを行うことによって、感染することがあるので、セックスを行うときにはコンドームを必ず装着するようにしなければなりません。ピンポン感染しやすいという特徴もあるので、カップルのどちらかが感染してしまうと、一方が治療を行ってもパートナーが感染したままでピンポン感染を引き起こすということが少なくないのです。カップルのいずれかがトリコモナスを発症したときは、ピンポン感染しないように気をつけておきましょう。特に男性の場合は無症状であることも少なくないので、無症状の男性とセックスを行って感染することがないようにしなければなりません。

トリコモナスの感染源は性行為によるものだけではなく、銭湯やプールなどが原因で感染することもあります。感染者の利用した椅子やタオルなどに原虫が付着すると、その場所に座った他の人の体内に取り込んでしまう可能性があるのです。男性の場合は、排尿することによって原虫を体外に排出することができますが、女性の場合は排出することができずに発症してしまうことが多いので、特に注意しておかなければならないでしょう。公共のお風呂を利用するときは椅子にお湯をかけてから利用するようにしたり、公衆トイレを利用するときは便座を除菌シートで拭いてから利用するようにしたりしてください。

女性が膣トリコモナスに感染すると、外陰部にかゆみを生じたり黄緑色のおりものが見られたりするようになるので自覚症状を持ちやすいと言えます。おりものは色が異なるだけでなく悪臭を持っていることが多いので、悪臭のある色がおかしなおりものが見られる場合はトリコモナスに感染している可能性が高いです。男性の場合はかゆみすら起こらない無症状であることも多いので、感染したことに気づかずパートナーにうつしてしまうこともあるため、注意が必要だと言えます。

トリコモナスに感染する原因はひとつではないので、どのような経路で感染してしまうか知っておかなければ病気になる確率を高めてしまいます。性行為を行う際、銭湯やプール、公衆トイレなどを利用する際に予防に努めておけば感染する確率を下げることができるでしょう。この性感染症はパートナーとうつし合いになってしまうことも多い病気のひとつなので、しっかりと治療するように心がけておくことが大切です。

トリコモナスを発症してしまった恐れがある場合は、すぐに医療機関を受診したり検査を行ったりして治療が進められるようにしてください。女性の膣トリコモナスは外陰部のかゆみや、おりものの変化で気づくことができますが、男性の場合は無症状であることも多いので、些細なことでも違和感があったり、パートナーが感染している場合は検査を受けたりするようにしましょう。早期発見や早期治療がとても大切なので、小さなことでも異変があれば病院などを利用してください。