• ホーム
  • 膣カンジダはどこから感染するのか?

膣カンジダはどこから感染するのか?

2019年12月29日

性感染症の多くは性行為によって感染しますが、膣カンジダの場合は感染経路が性行為によるものだけではないということを知っておかなければなりません。発症の原因となるカンジダ菌は体内に元々いるものであり、腸管や女性の膣内に存在していることが多いです。そのため、性行為を行っていなくても発症してしまう可能性がありますし、これまでに性行動を行ったことがない子供が発症することもあります。誰にでも発症する可能性のある性病であることを理解して、その感染経路についても理解を深めておくことが大切だと言えるのです。

膣カンジダは他の性病と同様に、性行為によって感染することもあります。その場合は、コンドームを使用せずにセックスを行うことによって感染するので、行為時はコンドームを装着することで感染しないように予防しましょう。感染経路は性行為だけではないわけですが、他には元々いるカンジダ菌の異常増殖が挙げられます。ストレスや疲労によって免疫力低下が起こると、女性の膣内などに存在している常在菌が異常増殖を起こしてしまい、症状を起こしてしまうことがあるのです。

また、お風呂やトイレの使用でも稀に感染することがあるので注意が必要だと言えます。水中内で感染してしまうことは少ないと言えますが、菌の保有者が利用した椅子や便座に菌が付着してそれが体内に入ってしまうことによる感染も報告されているのです。トイレやお風呂を利用するときには、アルコール除菌シートで拭きとってから便座に座ったり、椅子にお湯を流してから座るようにしたりしましょう。お風呂の場合はお湯から上がったあとにシャワーで身体を洗い流すことも予防につながると言えます。トイレやお風呂の利用では感染しないと言われることもありますが、菌が付着したまま放置したり、不衛生なタオルを共有したりすれば感染する確率は上がってしまい、絶対感染しないとは言い切れないので注意してください。

カンジダ菌は様々な感染経路によって症状が引き起こされてしまうので、あらゆる可能性を考えて予防しなければなりません。性病という名前から性行為のみが原因と思っていると、このような行為では感染しないだろうという勘違いをしてしまう可能性があり危険です。常在菌であるカンジダ菌が異常増殖を引き起こして発症したり、トイレやお風呂の利用で感染したりすることもありますので、様々なケースの原因に対処できるようにしておかなければなりません。

膣カンジダがどこから感染するのか知っておくことは、早期発見や早期治療を行うためにも重要なことだと言えます。特に女性の場合は誰でも発症する可能性が高い性病だと言えるので、免疫力低下など性行為以外でも感染してしまう可能性があることを知っておくと良いでしょう。カンジダかもしれないと感じる症状があらわれた場合は、医療機関を受診したりセルフチェックを行ったりして、治療が始められるようにしてください。

関連記事
膣カンジダのつらいかゆみを治すならカーネステンクリームにお任せ

膣カンジダを発症すると、とてもつらいかゆみに悩まされることになる人が多いと言えます。もしもカンジダ症を発症してしまったときは、感染した部位に応じて効果の高い治療薬を利用することが、早く症状を改善するための近道だと言うことができるでしょう。カンジダ症にはカーネステンクリームやエンペシドクリーム、カーネ

2019年12月12日
膣トリコモナスと似てる膣カンジダ、どう違う?

膣トリコモナスと似ている性感染症に、膣カンジダという性病を挙げることができます。これらはどちらとも女性が感染して膣内や陰部に症状があらわれるという共通点がありますが、まったくの別のもだということができます。感染の原因となる原虫や菌が異なれば治療法も異なりますので、それぞれの違いを把握したうえで治療法

2019年11月24日
感染率の高さが怖い性器ヘルペスについて

性病の種類によって感染力の強さは異なるので、うつりにくい病気もあれば簡単にうつってしまう病気もあります。単純ヘルペスウイルスが原因で発症する口唇ヘルペスや性器ヘルペスは、とても感染率の高い性病だと言えるのです。これらの病気はうつりやすいだけではなく、一度発症してしまうとウイルスを根絶することができな

2020年01月15日
フラジールでトリコモナスを確実に治療しよう

トリコモナスを治療するのであれば、トリコモナス原虫に殺菌的な作用を示す治療薬を服用する必要があります。トリコモナス原虫に対して高い効能を示す治療薬にはフラジールと呼ばれるものが挙げられ、これは病院でもよく処方される治療薬です。膣トリコモナスに感染してしまったときには、この治療薬を用いることによって完

2019年11月05日
膣トリコモナスは性交渉以外でも感染する?

膣トリコモナスは性交渉以外でも感染してしまうことがある病気なので、幅広い年齢層の人が感染してしまう恐れがあります。性交渉を行ったことがないような幼児や、性行為をしていないような人でも感染することがあるので、誰でもトリコモナスに感染しないように気をつけておくことが大切です。性病と言えば性行為によってう

2019年10月22日