• ホーム
  • 性病にかからないために必要なのはセーフセックスです

性病にかからないために必要なのはセーフセックスです

2020年04月28日

性感染症になる理由はいくつかありますが、多くの場合は性行為によって感染します。そのため、性病にかからないようにするためには、セーフセックスを心がけることが最も重要であると言うことができるのです。どのようなセックスによって感染を予防することができるのかわからないという人は、正しい知識を身につけることで性病をもらったり、パートナーにうつしたりすることがないようにしてください。

セーフセックスで最も重要なことは、コンドームを使用することです。女性がピルを服用しているという場合や、男性同士でセックスをする場合は、妊娠する心配がないからという理由でコンドームを使用しない人たちもいます。たとえ妊娠する心配がないとしても、性病に感染しないようにするのであればコンドームを用いることは必須だと言えるでしょう。性行為時にコンドームを使用していないと、感染者の体液が相手の体内に入り込んで感染するので注意しなければなりません。

性行為時にどのようにして性病がうつるのか説明すると、精液や膣分泌液といった体液に存在するウイルスが、相手の粘膜の傷口から体内に入り込むことによって感染します。コンドームを使用している場合は、体液に直接触れないようにすることができるので安全に性行為を行うことができるのです。性器具などを利用する場合も、それに感染者の体液がついた状態で相手の粘膜に触れてしまうと感染する恐れがありますので、性器具も感染者の体液に触れないようにしなければなりません。

また注射器の共有からも感染してしまう可能性があります。そもそも薬物を使用自体行ってはいけないことですが、なかには薬物を使用して性行為に及ぶ人もいるのです。そのときに注射器を共有して使用することもあり、これも性病になってしまう可能性が高く危険な行為だと言えます。薬物使用もやってはいけないことですが、それによって性感染症になることもあるということを覚えておきましょう。

性病にならないようにするためにセーフセックスを心がけていたとしても、何かしらのきっかけで感染してしまっている可能性もあります。安全に性行為を行っていると思っていても感染している可能性がありますので、定期的に検査を受けることが大切だと言えるでしょう。セックスパートナーがいるのであれば、パートナーと定期的に検査を受けるようにすれば、お互いにうつしてしまうこともなく、安全だと言えます。

性病にならないようにするためにはコンドームを必ず装着するようにして、感染者の体液に触れないようにすることが大切です。また性器具や注射器に体液や血液が付着していても感染する危険性があるということを覚えておきましょう。セーフセックスを心がけることによって感染しないようにすることが大切ですし、万が一の場合に備えて定期的に性病検査を受けるようにしてください。パートナーがいる場合は、ふたりで予防についての正しい知識を持つようにすることが必要だと言えます。

関連記事
HIVはもう死の病ではない!その理由

現在はHIVに感染すると必ずエイズを発症してしまうという時代ではなく、早期発見から治療を行うことで症状を抑制することができるようになっています。不治の病ではないため、HIVに感染したとしても、感染していない人と同じくらいの寿命まで長生きできる人も多くなっているのです。しかしながら、現在でもHIVやエ

2020年03月21日
しつこいヘルペスは飲み薬で治る!その名もバルトレックス

ヘルペスは性感染症のなかでも再発を繰り返しやすい病気として知られていますが、しつこく繰り返す症状は飲み薬で改善することができます。バラシクロビルを有効成分として含んでいるバルトレックスを服用すれば、再発を少ない状態に抑えることができるのです。これは病院やネット通販で手に入れることができますので、初感

2020年02月14日
膣カンジダのつらいかゆみを治すならカーネステンクリームにお任せ

膣カンジダを発症すると、とてもつらいかゆみに悩まされることになる人が多いと言えます。もしもカンジダ症を発症してしまったときは、感染した部位に応じて効果の高い治療薬を利用することが、早く症状を改善するための近道だと言うことができるでしょう。カンジダ症にはカーネステンクリームやエンペシドクリーム、カーネ

2019年12月12日
膣トリコモナスと似てる膣カンジダ、どう違う?

膣トリコモナスと似ている性感染症に、膣カンジダという性病を挙げることができます。これらはどちらとも女性が感染して膣内や陰部に症状があらわれるという共通点がありますが、まったくの別のもだということができます。感染の原因となる原虫や菌が異なれば治療法も異なりますので、それぞれの違いを把握したうえで治療法

2019年11月24日
感染率の高さが怖い性器ヘルペスについて

性病の種類によって感染力の強さは異なるので、うつりにくい病気もあれば簡単にうつってしまう病気もあります。単純ヘルペスウイルスが原因で発症する口唇ヘルペスや性器ヘルペスは、とても感染率の高い性病だと言えるのです。これらの病気はうつりやすいだけではなく、一度発症してしまうとウイルスを根絶することができな

2020年01月15日
膣カンジダはどこから感染するのか?

性感染症の多くは性行為によって感染しますが、膣カンジダの場合は感染経路が性行為によるものだけではないということを知っておかなければなりません。発症の原因となるカンジダ菌は体内に元々いるものであり、腸管や女性の膣内に存在していることが多いです。そのため、性行為を行っていなくても発症してしまう可能性があ

2019年12月29日
フラジールでトリコモナスを確実に治療しよう

トリコモナスを治療するのであれば、トリコモナス原虫に殺菌的な作用を示す治療薬を服用する必要があります。トリコモナス原虫に対して高い効能を示す治療薬にはフラジールと呼ばれるものが挙げられ、これは病院でもよく処方される治療薬です。膣トリコモナスに感染してしまったときには、この治療薬を用いることによって完

2019年11月05日
膣トリコモナスは性交渉以外でも感染する?

膣トリコモナスは性交渉以外でも感染してしまうことがある病気なので、幅広い年齢層の人が感染してしまう恐れがあります。性交渉を行ったことがないような幼児や、性行為をしていないような人でも感染することがあるので、誰でもトリコモナスに感染しないように気をつけておくことが大切です。性病と言えば性行為によってう

2019年10月22日